“安室特需”ならぬ”自分特需”を生み出せ!

今週末は波乱含みですねー。

衆議院選挙に台風到来。そして、WOWOWでの安室ちゃんライブ配信。

安室ちゃんの引退宣言を受け、沖縄で開催したデビュー25周年記念ライブを22日に独占放送するWOWOWは、加入者が殺到しているそうです。

まさしく、”安室ちゃん特需”

そんなニュースから得た、本日の気付きはこちら▼

ーーーーーー

種蒔をしていなければ、ラッキーパンチは起きない!

これは、証券会社にいる時によく言われていたことです。

運も実力の内という言葉もありますが、これは仕込みを沢山しているからこそ起きる必然。

100人のお客さまに商品のご提案をした人と、1000人のお客さまにご提案した人とでは、成約者が出る確立が高いのは後者。

では、自分が今持っている、もしくは持てる武器は何か?と考えてみると、

日々の発信、「インターネットビジネスの歩き方」や「BOS」のSEO、物販でいえば仕入商品や、新規カタログの作り込み・・・

伏線を張れば張るほど可能性は高まるし、どこで着火ファイヤー!になるかは神のみぞ知る、ですよね。

いつ何時チャンスが訪れるかは分かりませんが、待つのではなく自ら引き寄せるために、出来ることを増やし、武器を1つずつ実装していきます。

ーーーーーー

新卒で入った会社では、棚ぼた案件が舞い込むと「ラッキーパンチ」と呼んでいました。

これが、支店独自なのか会社独自なのか、はたまた業界独自なのか・・・未だに分かりません。笑

でも、こういうことって、みなさんも何かしら経験あると思うんです。

私もやはりあって、新商品のご案内を、店頭で事務処理をしたお客さまにも軽~くお伝えしていたら、後日なんと1000万円分のお買付。

話していたときは、まったく興味なさそうだっのに・・・まじですか!?って感じでしたが、人なんてそういうモノなんですよね。

普段はまったく興味ないけれど、たまたま定期の満期が来ていたのかもしれない。

そもそも興味はあるんだけれど、ポーカーフェイスですまし顔をしているのかもしれない。

相手の状況はどんどん変化しているので、ニーズやタイミングがどこで生まれるのかは、ある意味「運」なんです。

だから、いつも情報だけは発信して伝えていく。

そうすれば、相手のタイミングが到来したときに、ご縁が生まれるかもしれない。

種蒔ってほんと大事だなと、安室ちゃんのニュースを見て再確認です。

この記事をシェアしてくれた時に、BEC 3.5期主催の井上直哉さんが添えた言葉が

「武器を持つと何かのきっかけで爆発もあり得る!」

だったんです。

ひょろひょろのペンペン草みたいな武器では戦えませんが、今やっている物販だったり、BLOGだったりを、たくましく叩き上げていけば、強固な武器になる。

いまは数は少ないけれど、この武器を1個から2個、3個へと増やしていければ、ビジネスとしての基盤も盤石になります。

そんなステージの方にもってこいなコンテンツ「インターネットビジネスの歩き方」も発売されていますしね。

とはいえ、一点突破するステージのときは、マルチタスクは禁物。

いまは中国輸入一本で、そこだけに気力・体力・資力すべてを投入していきます。

雨続きで、まったく外出したいと思わないので、誘惑が少なくてリサーチがはかどりそう。

雨で嫌だな~と思うのか、雨でラッキーと思うのか。

タスクをいかに楽しめるかが、私の目下の課題だったりします。

だから飽きてくると、ひとりリサーチ実況してみたり、いい商品が見つかると「いいね~○○(商品名)ちゃん」とか、薄気味悪くやっております。

さすがにカフェではやりませんが、そのうち独り言で出てたらどうしよう・・・苦笑

話が変な方向に逸れましたが、、、

皆さまにとって実り多き週末でありますように!

ではでは、また!

★応援クリックいただけると嬉しいです★

『“安室特需”ならぬ”自分特需”を生み出せ!』へのコメント

  1. 名前:Manohiro 投稿日:2017/10/22(日) 02:36:52 ID:643962e3e 返信

    はじめまして、Manohiroと申します。
    ブログランキングから訪問させて頂きました。

    昔は、会社に入ったら3年は頑張れと言われた。
    自分にあってなければ、そこからやり直せと言われた。

    自分が、その仕事を続けるには、それなりの投資・努力が必要だということです。

    • 名前:m_shinzaki 投稿日:2017/10/22(日) 15:32:39 ID:35d9661d3 返信

      Manohiroさん、初めまして。
      数あるBLOGの中から、当ページにお越しいただきありがとうございます。

      石の上にも三年とは、常々両親から言われていました。

      続けるということは、簡単なようでなかなか難しいもの。
      仰る通り、投資と努力を要しますね。

      私もまだまだの身ですので、続けるための努力・投資を行っていきます。