中高年クライシス?! 収入急減の「5つの崖」に思うこと

中高年の哀しい未来が綴られている、こちらの記事。

当たり前のようにもらっている給与や年金などの収入って、
今の水準がこの先もずっと続くと、ついつい思ってしまいがちですよね。

でも実は、収入が激減しやすい「5つの壁」が、中高年の未来に立ち塞がっているんです。

それがコチラ!

壁その1:役職定年
壁その2:定年(再雇用後の基本給ダウン)
壁その3:公的年金生活
壁その4:有期型企業年金の終了
壁その5:配偶者の死亡による公的年金の減少

最終的に記事では、こういった状況を乗り切るために
貯蓄をなるべく多く残しておくことを示唆していますが

その時が来るのをただ待っているだけの「受け身」でいいのかっ!?
って、一人ツッコミしてしまいました。

将来のリスクとして、「5つの壁」に気づいている、いないの差はあるかもしれないけど
認識してそこから実際に動ける人って、そんなに多くないみたいです…残念ながら。

(でも、動けたらそれだけで他の人より一歩リードできちゃいますね!)

不安だー!とただ心配しているだけじゃ、来年・再来年も、何も状況は変わらない。

むしろ悪くなる一方です。

だからこそ、
「不安要素をあぶり出す→解決方法を準備しておく」ことが必要だと思います。

これは、個人でビジネスしている場合も然りで

・プラットホームの規約が変わったら
・アカウントが停止されたら
・売れ筋商品が売れなくなったら
・誰かに真似されたら
・(輸入であれば)為替が円安になったら
・仕入先がいなくなってしまったら

…挙げたらキリがないですが、いろんな危機って想定できます。

だからこそ、ダメになったときのプランBを用意しておく。

それは、他に収入の柱を作ることかもしれないし、
いまのビジネスを強化していくことかもしれない。

碇シンジじゃないけど、逃げちゃダメですね。

・リスクを知り、そのリスクを小さくするプランを練っておく

・自分で稼ぐ力をつけていく

そうすることで、収入を他のどこかに依存して心配するのではなく
結果的に安心を手に入れることになるんじゃないかと、わたしは思います♪