「電車でGO!」との意外な共通点

「電車で電車で電車で電車でGO! GO! GO! GO!」

このフレーズ、懐かしいですよね~♪

あれから20年も経ったとは・・・

時が流れるのは、ほんとに速いなぁと思う今日この頃です。

で、BEC3.5期でシェアしてもらったこの記事を読んでて

いま、自分のしている事との共通点を見つけたのです~。

それでは、今日のアウトプットはこちら▼

ーーーーーー

印象的だったのは、

「鉄道がいかにエンターテイメントになりえるかを考え続けてきたから、

作品をどんどん世に送り出せた」というところ。

これは、普段コンテンツやニュースなどをインプットするときに

どうやって自分のビジネスに落とし込もうか?

と考えているのと同じだと思いました。

また、「電車を運転してみたい」と心のどこかで思っていた層の

潜在意識をくすぐる仕組みは、さすがだなと。

自分の発信も、タテマエで綺麗にデコレーションした言葉ではなく、

心の奥底にあるホンネをどう引っ張って文字にするのかが課題です。

やっぱり、本当のところが出せれば、共感してくれる人の

その相手も気づいていない潜在的なコア部分を揺さぶることができると思うんです。

ついついカッコつけがちになってしまうので

見たくないけれど、自分の醜いところ弱いところと向き合って

何で今の自分に至っているのかもっと出していきます!

ーーーーーー

常にビジネスを意識下に置いておくからこそ

生まれるものがある。

なるべくしてなった、という感じですよね!

あと、自分の悩みや願いって

書き出してみると案外少なかったり

こんなことで悩んでたのか

と思ったりもします。

で、これって表面的なもので

氷山の一角でしかないんですよね。

例えば、痩せたい!って想いがあるとします。

ニーズは確かに痩せたいなんだけど

その背景には何が眠っているのか?

・好きな人を振り向かせたい

・キツくなった服が着たい

・ボディラインを整えたい

・・・などなど。

この潜在的なニーズを汲み取って

その解決方法を示せれば

お客さまにサービスを購入してもらえる訳です。

ということで、

「お客さまの深掘り」と「自分自身の深掘り」

が要だなと思うんです。

だって、この作業を進めていくと

物販だったら、欲しい!と思ってもらえる商品に繋がっていったり

発信だったら、共感してもらったり信頼関係がうまれたり

物販も人間力も、どちらも成長していけるよう

引き続き頑張っていきますー!

ではでは、また♪

★応援クリックいただけると嬉しいです★