難易度、滅茶苦茶高いセミナー集客 [BEC on-line school]

気合を入れてリサーチしてる時に限って良い商品が見つからない、、、

なんてこと、ありませんか?

昨日の私はそんな感じで、なんだか良さそうなのに、よくよく調べてみると全然利益が取れなかったり、仕入元が見つからなかったり。。

で、そんな時はヒントを求めて街中に繰り出します。

Made in China は世の中に溢れかえっていますからねw

ヒントを得たので、新規出品に向けて深掘っていきたいと思います!

さて、本日のBEC on-line schoolのアウトプットは昨日の続き。

「セミナー集客」の実践編です。

それでは、どうぞ▼

ーーーーーー

BOS動画「セミナー集客 実践編」をアウトプットします。

セミナー集客で特に意識している5つのポイントを示していますが、

その中で、今の自分に一番親和性が高いのは「講師をtee upする」というところ。

実際、BOSを購入するときも、販売されている方は沢山いましたが

私が直哉さんから購入したのは、今までのメルマガや音声などで

直哉さんの歩んできた道や人柄、考え方を知って、

会ってみたい、学んでみたいと思ったから。

購入した当初、三浦さんのメールに、

「なぜこの教材を買ったのか」を考えて書き留めておこう!というのがあったので、

その時のメモを引っ張り出すと

・井上さんの3.5期に入りたい

・情報発信学びたい、不明点が多すぎる

・メルマガで信頼できる、素直で熱い人だと感じた

・コテ先のノウハウでなく自力がつく、本質が分かる、稼ぎ続けることができる

私が動いたポイントは上記で、将来的に私が集まってほしいお客さまも同じだと思いました。

人は感情の生き物。

だから、セミナー集客だとしても、“人”を伝えていくことに芯を置いて、呼びかけていきたいと思います。

そのために、もっとありのままの言葉・想いを乗せて発信をしていきます。

ーーーーーー

実践編は概要編に比べ、より具体的な手法が盛り沢山。

今まで参加者側では気づかなかったけれど、主催者・紹介者サイドからのお話を聞いていると、「あ、なるほど。そういう事だったのね」と、過去のセミナーに投下しながら考えることができました。

で、ノウハウ押しで集客をかけていたセミナーって、なんかギラギラした感じの人が多いんですよね。

あと、何か稼げる魔法が聞けるかも~、ツール欲しい、1日1時間も時間無いけど稼げる方法知りたい、みたいな他力本願な人。

そうすると、会場で会った相手を自分にとって有益かどうか値踏みされている感じがして、なんか居心地が悪かった気が。。

「自分の発信の内容で、集まる人が変わる」

本当にその通りだなと、改めて今回振り返って思います。

セミナー集客であれば、内容をお伝えしていくという事は○必。

そこに、やっている講師・主催者の意図や狙い、想い、その人たちはどういう人かという

人間臭さがにじみ出ていると、より強烈に興味を引きます。

だから、この人に会ってみたいと、重い腰を上げて、リアルの場に踏み出そうと思ってもらえるような、そんな等身大の発信をしていきたい。

証券会社にいたとき、いつも感じていた葛藤があります。

私が勤めていた会社は、毎月新しい商品を5本程度リリースするのですが、

個人的にはあまり良いと思えない商品でも、ノルマのためご案内するということがよくありました。

でも、自分でも微妙だと思っているので、全然相手に伝わらない。

そもそも、引け目を感じているから、強く押せないし刺さらない。

なので、今後自分がみなさまにオススメする時がきたら

それは、私が心から良いと思えるものだけにしたい。

もう、あんな風に自分の気持を偽って、ムリにお勧めするのはゴメンです。

自分に正直に生きていきたいものですね!

ではでは、また♪

★応援クリックいただけると嬉しいです★