ラーメン、つけ麺、私ビジネス

なんだよ、このタイトル?!古いよ!

って思うかもしれませんが、これには深~い訳があるんですw

ということで、早速本題に入りますが

今日は、BEC3.5期主催の井上直哉さんから

3つのニュースのシェアがありました。

で、その中からどれをブログに書こうかな~

と考えていたんですが、

やっぱり、毎日食べても飽きない

大好きなラーメンネタでいこうと思います!

一見、私の取り組んでいるビジネスに

まったく関係なさそうに見えますが

じつは、そうでもないんです♪

ということで、

アウトプットした内容はこちら▼

ーーーーーー

読んでいて思ったのは、

■常に問題意識を持ち続ける=現状維持は衰退

■10年20年変わらぬ味を出し続ける=ビジネスモデルが普遍的で再現性が高い

■話題のラーメン店にいく人=薄い100人のファン

■長年続く愚直なラーメン店にいく人=1人のコアファン

・・・などなど

やっぱり、ビジネスの本質は

業界や業態が違っていても、

同じだということを感じました。

そして、自分が目指しているのは、

トレンド追いではなく、

コツコツ何十年も足を運んでくれるコアなお客さま。

奥深い味のラーメンのように、

奥行のある人間になっていけるよう、

コンテンツで自分磨きを続けます!

(ラーメン好きとしては、

美味しいラーメンの見つけ方、参考になりましたw)

ーーーーーー

ということで

「美味しいラーメンの見つけ方」の記事のはずなのに

ビジネスの原理を見つけるという

なんとも面白いことになってました♪

で、直哉さんからアウトプットに対して

コメントをいただいたのですが

なるほど~と納得だったので

みなさまにもポイントをシェアしますね!

******

いきなりは中堅クラスになれないから

トレンドに乗ったうえで抜きん出る必要アリ。

そのために必要なのが「個性」

個性=自分

を深掘りできれば絶対成功できる。

そして、普遍的とは言いつつも

しなる意識も重要。

一風堂でさえ、スープの濃さや麺の太さなど

毎年何かしら改善を加えている。

(お客さんは気付いてないけど、そういうレベルで改良している)

「変わらないために変わり続ける意識」をもつ。

******

「しなる」って意識

7月の勉強会のときにも聞いていたのに

時が経つとだんだん意識から抜け落ちていたので

ハッとしました。

人間とは忘却の生き物である

と言われるように

意識に残しておく訓練をしていないと

大切なことなのに、どんどん忘れてしまうので

時々こうして記憶を引っ張り出すことも必要ですね。

そして「変わらないために変わり続ける意識」って

歌舞伎とかの伝統芸能と同じだな~って思います。

時代が変わり

生活スタイルが変わり

人の趣味嗜好が変わっているのに

ずっと同じままなんて、あり得ないですよね。

その時どきに合わせて

コアな部分は残しながら

少しずつ少しずつ

違和感を感じさせない微調整をしながら

繊細にお客様に寄り添う。

だから、何百年と経った今でも

新鮮な驚きと感動をもたらしてくれる。

長く愛され続けているには理由があると

改めて思いました。

そしてこれは、伝統の世界に生きる人たちだけでなく

ビジネスマンとして忘れてはいけない部分。

ということで、私も

コアを確立してしなやかに

そして、トレンドの波に乗りながら個性をプラス

そんな風に成長を遂げたいと思っております!

ではでは、また♪

★応援クリックいただけると嬉しいです★