大塚家具から学んだこと

朝からリサーチ、BOSコンテンツ視聴、アウトプット、ブログにいそしんでおります。

そう、今日から夏休みなんです!

世の中、海だ山だ海外だー!と楽しい話が多いですが

私も未来の「楽」で「楽しい」生活のために、今できることをしていきます。

うん、いい夏休みになりそう♪

さてさて、BEC Online School3.5期主催の井上直哉さんから

大塚家具の迷走っぷりを伝えるニュースのシェアがありました。

ということで、本日の私のアウトプットいってみましょ~!▼

ーーーーーー

大塚家具のライバル選定ミスから読み解けることは

・自分の特性・強みを知ること

・メインターゲットの見極め・ニーズ把握

が出来ていないがための、迷走だと思います。

そして、何かを購入する時、特に高い買い物の時は、

誰かに背中を押してもらいたい気持ちがある人は多いハズ。(自分もそうw)

洋服を買う時も、先ずは自分で自由に見たいけど、

気になるものがあると声を掛けてほしいことが多いですし、、

記事にもある通り、お客さまってワガママなんですよね。苦笑

物販でも情報発信でも、私から購入しなかったとしても、結局他の誰かから買う。

だったら、私が胸を張って薦めることができる良いものを提案したい。

以前はセールスって言葉に抵抗があったけれど、今そう思わないのは、自分がBEC3.5期に参加して素晴らしい価値を感じると共に感謝しているから。

直哉さんがシェアしてくれなかったら、ただ漠然とした毎日の連続だったはず。。

以前の私のような人に変化のきっかけを届けるために、私も人間力を上げていきます!

ーーーーーー

孫子の兵法でとても有名な言葉に

彼を知り己を知れば百戦殆からず。
彼を知らずして己を知れば、一勝一負す。
彼を知らず己を知らざれば、戦う毎に必ず殆し。

というのがあります。

孫子の時代は「彼」=「敵」を指しますが

ビジネスに置き換えると「彼」=「お客さま」になるかと。

で、これを展開してみると

■お客さまと自分を熟知していれば、百戦錬磨。

■お客さまのことを知らず、自分のことだけ熟知していると、売れることもあるが売れないこともある。

■お客さまのことも、自分のことも知らないと、まったく売れない。

って感じになると思います。

(あくまでも私の解釈なのであしからず~)

そして、そうなってくると、自分を知ることがとても大切。

なぜなら、お客さまのリサーチはしている人が多いけど、

自分を客観的に見るのはけっこう難しいから。

物販だったら、

商品の特性、価格、使うことのメリット、デメリット、ライバルとの違い・・・になってくるし、

情報発信だったら、

自分の強み・弱み、なぜ副業、なぜネットビジネス、なぜ中国輸入、今後のビジョン・・・に。

”人は自分を愛せるほどにしか他人を愛せない”という言葉もありますが

「こんな私なんて・・・」と言っている自信のない人を素敵と思う人や

「つまらないものですが・・・」的な商品を買いたいって思う人はいないですよね。

だから、外ばかり向いてないで、自分(商品)ととことん向き合う日も作りましょ!

良いところも悪いところも受け止め、

試行錯誤の中で少しずつ成功体験を積んでいくと”自己肯定感”が高まります。

そうすると、

この商品は良いものだから、みんなに知ってほしい!手にとってもらいたい!

って自信を持って、お伝えすることができます。

ここ数日、物販の商品リサーチで良い商品が見つからず凹んでますが、辛抱の時期です。

絶対にここを越えて、自分の自信に変えていきたいと思います!

さーて、そろそろリサーチに戻ろっと。

ではでは、また♪

★応援クリックいただけると嬉しいです★