叶姉妹×コミケ×ヤフオク

世の中はすっかりお盆ですね~。

私はまったく関係ありませんが、電車が空いてて嬉しい限りです。

明日は上司も休みなので、会社ではまったり過ごせそうですw

そうそう!

夏のイベントといえば、フェスなんかも有名ですが

東京ビックサイトで開催されているコミケも熱いですよねー。

わたしは、けっこうオタッキーな小学生だったので

友だちと地元近くで行われていたコミケによく行ってました。

当時エヴァが大好きで、

毎回お気に入りの作家さんのグッズを買って

スケッチブックにイラストを描いてもらうのが

極上の喜びだったのを覚えています。

ということで、今日はコミケ話題を1つ。

BEC3.5期チャットに井上直哉さんが投げてくれた記事の中から

コミケネタについて考察していきたいと思います。

ではでは、私のアウトプットはこちら▼

ーーーーーー

まさしく!なトレンド商品ですね!

ただ、こういった物は、宝くじのような一過性のもの。

取り入れるのはアリですが、稼ぎ続けるためには、

地味にコツコツ ビジネスモデルを確立することが大切だと私は思います。

本文の最後にある、実は特設サイトで販売しているというのも

「知識の差」で利益を得るか、逆に失うのかの分かれ目ですね。

でも、これは物販で大切な視点で、

・遠方だから買えない

・サイトにあることを知らないから買えない

・時間がないから買えない

そんなちょっとした“差”があるから成り立つビジネスだと思います。

昔は“転売”って何となく後ろめたいイメージを持っていましたが

最近は誰かの“買付代行”をしている、と思っています。

今後もお客さまの困ったを埋めることができるビジネスだと、

胸を張って取り組んでいきます!

ーーーーーー

記事の内容は、

叶姉妹がコミケで販売していたサイン入りグッズが

ヤフオクやメルカリで3万円で出品されるなど

高額で取引されていることが書かれていました。

また、叶姉妹の特設サイトでは

会場で売られていた商品が販売されていることも。

(さすがにサイン入りではないですが、、)

これって、求める人がいるから成り立つ構図で

自分で行けない、もしくは買えなかった人にしてみれば

購入できるチャンスがあるのは嬉しいこと。

どう捉えるのかは、価値観によると思っています。

じつは、転売を始めた当初は、

このビジネスの事を、

友だちや家族に胸を張って言えない自分がいました。

何となく”転売”って、人のふんどしで相撲を取るというか

“転売”という文字のイメージがあまり良くないせいか、

後ろめたい気持ちがあったんです。

でも、何らかの理由で欲しい商品を見つけられなかったり

買えなかったお客さまがいると思うと

そのお悩みを解消することがでるのが自分のやっている事で、

最近、全然恥ずかしい気持ちがなくなったんです。

そして、コツコツ続けていると、

最初は訝しげだった母も認めてくれて

今では逆に協力的だったりもしますw

待っていてくれるお客さまがいる。

だから、私は探しに行く。

BEC3.5期のメンバーが

自分たちは「トレジャーハンター」だと言っていましたが

本当にそうだなぁと最近思うようになりました。

誇りを持って仕事をする。

そのために、お客様に真摯に向き合って信頼していただく。

リアルだろうが、ネットだろうが

ビジネスの本質はいつも1つだと思います。

価値を感じて、喜んでもらえるために

今週も頑張っていきたいと思いますー!

ではでは、また♪

★応援クリックいただけると嬉しいです★