好きなことをビジネスに…なんて、甘ったれるな!! [BEC on-line school]

さーて、挑戦的なタイトルとなっていますが、この考え方って二極化すると私は思っています。

・・・と、そのお話はアウトプットの後にするとして。

タイトルの元にしたのは、BEC on-line schoolのコンテンツ

「MR.KOI流 モチベーション維持法ーー好きなことをビジネスにと甘えたことを抜かしている奴らへ」

こちらのコンテンツ動画も、三浦孝偉さんの熱い想いがしっかりと詰まった内容になっていました!

それでは早速、アウトプットに参りたいと思います!どうぞ▼

ーーーーーー

先ず、昨日から聴いているコンテンツだったので以心伝心か⁉︎と朝から興奮しました。

こうして何回も触れる機会があるというのは、それだけ今の私に必要なコンテンツなのだと勝手に意味付けしております。

現状、なかなか成果の出ない助走期間で、毎日トラブルばかり、、、

続けた先に、稼げる未来があると頭では分かっていても、カラダが休みたがる。

何とか作業を続ける為に、1度家に荷物を置いてから、閉店までスタバ篭りしたりと色々試しています。が、まだ何か足りない。。

そこで、モチベ維持の3つのうち「怒」が私には1番なかったなと思い、何が1番”激おこ”か考えてみました。

・・・詳細は端折りますが、「(私の名前)には、ぜってームリ」と言われたのと、ヤルヤル詐欺ばかりで、ダメだった時にヘラヘラしている自分に相当ムカつく。

「目の前の与えられた環境を全力で生きる」

ということで、今日の夜も「怒」×「スタバ」のコラボで自分と闘ってきます!

ーーーーーー

・・・という流れで、本日もカフェにいますw

雨なのでスタバは席が取れなかったのですが、別の広々カフェです♪

で、冒頭に書いた二極化のお話ですが。

好きで楽しい事じゃないと続かないから、好きなことをビジネスに。

最初から楽しいなんてものはない。でも、続けたからこそ好きになる。

どちらが正しいとか、そういうのは無いと思います。

そして、入り口はどちらでもいいと思います。

が、どちらがより多いのかと言うと、後者なのではないでしょうか。

なかなか自分のやりたい事が明確になっている人って少ないし

見つからなくて、もがいている人の方が大多数だと思います。

私もそうでした。

じつは、3月まで6年間同じ部署にいたのですが

そこでは社員から電話で、商品に関する税務照会を受ける業務も受け持っていました。

法人税務の経理処理、相続税や贈与税、一時所得・・・

最初は電話を受けるのが怖くて怖くて仕方がなかったんです。

だって、分からない業界用語のオンパレードの上、税務は絶対に間違ってはならないものだから、プレッシャーも凄く感じていました。

分からないと、カーっと頭に血が登って、手に汗が滲んでいました。

でも、嫌だ嫌だと思いながら3年を過ぎた頃から、調べて折り返し電話することもなく

電話口でそのまま答えられる事が増えました。

それが、4年目、5年目、6年目になると、税務に詳しい人として、社内で認知されるようになりました。

・単純に分かることが増える

・経験値が増えて、相手の本意を掴めるようになる

・初めてのことでも、応用して考えることができる

・相手に信頼され、頼りにされることが増える

こうして、だんだん

嫌い→苦手→好き に変わっていきました。

これって、何にでも当てはまることだと思うんです。

最初は誰だって初心者。

そこに、どれだけ”努力”という時間をかけられたか。

だから私は、「気付いたらビジネスが好きなことになっていた派」です。

いまでも、リサーチは気が重たいです。

それは、自分の中に吸収しきれてないから。

意識しなくてもできる位、カラダに染みついてないから。

ここを乗り切れる人は少ないと言われています。

でも、だから差別化できるとも。

物販の師匠が、「初心者にはセラーリサーチがおそらく1番近道」と仰っているので

言われた通り、ロボットの如く手を動かしていきたいと思います。

課題盛り沢山なので、今日もガリガリやりますよー!

ではでは、また♪

★応援クリックいただけると嬉しいです★