2度おいしいIN&OUT

In-N-Out Burger(インアンドアウトバーガー)」って知ってますか?

ロサンゼルス発祥のハンバーガー・ファストフードチェーン店なんですが

冷凍ものを使わず店内で手作りされていて、

じつは本格派のハンバーガー店なんです。

なので、「最高にフレッシュでおいしいバーガー」が

食べられると地元の人からも大人気!

わたしもカリフォルニアに行ったとき何回か食べましたが、

いいですよー、ほんとに♪

裏メニューとして、「フライズ・アニマルスタイル」

(ポテトにグリルドオニオン、チーズ、特製ソースをトッピング)

というのがあるのですが、

完全にデブ食まっしぐらな風貌w

でも、クセになるおいしさw

ジャンキー好きな方には、ぜひトライしていただきたいメニューです☆

・・・さて、

なぜハンバーガーの話になったかというと、

今回みなさまにお届けしようと思ったBEC Online Schoolのテーマが

「インプット&アウトプット」だったからです。

(略してIN&OUTと書いていたら、

ハンバーガーを思い出したというしょうもない理由です)

BEC Online Schoolが開講して以来、三浦さんは一貫して

このIN&OUTの重要性を説いています。

それも、手を替え品を替え

メルマガで伝えたり

コンテンツとして伝えたり

実は、コンテンツの意図に気づくようメルマガが構成されていたり

・・・さすがです。三浦さん。

目指すところはココですが

千里の道も一歩から。

コツコツ積み上げていきたいと思います!

では、わたしが投稿したアウトプットはこちら▼

ーーーーーー

「インプットとアウトプットの重要性」

表面的に捉えると、吸収したものをカタチにして出すという事になりそうですが、

そうではなく、もっと深い、ビジネスの根っこの部分がここにあると思いました。

・in&out行動を続けることは、もちろん大切

・けれど、例えばレストランで食事して「美味しかった~」だけでは✕。

隠し味は?再現するには?得たものを、何が何でも血肉に変える貪欲さがマスト

・そもそもinはoutする事を前提に行っているので、常に思考がフル稼働になる

・時間には限りがあるので、inするものはより精査され、サーチの感度が高まる

・この繰り返しが基礎体力となり、ビジネスの新たなヒントや考え方のベースになる

3.5期で毎日投稿を宣言した手前、”何のために”を掘り下げないと、

ただの作業になってしまうインプット&アウトプット。

ここの捉え方に対して、ぜんぜん分かって無かったんだと、思考の浅さに気づかされました。

もっともっともっと、頭を使っていきます。

ーーーーーー

といった感じになりました。

じつはその後、三浦さんからアウトプットに対して

コメントをいただいたので、ちょっとだけシェアさせていただきますね。

<裏技アウトプット法>

例えば午前中に音声コンテンツを聞いて

いい気付きになったなぁ

なるほど!こういうことだったのかと思ったら

夜、友だちと食事するときに

「知ってる?ビジネスには○があって、こうでこうで・・・」

と話すと、ホントーにアウトプットになる

という最強の方法を教えていただきました。

たしかに声に出すと、

頭の中で整理されていく感覚もあるので

コレはやるっきゃないと思った次第です。

近々わたしと会う友だちは、覚悟しておいてくださいねw

インプットとアウトプットをしているだけだと

ただの作業になってしまうので

いかに自分の土俵に持ってこれるか?が重要。

その部分を意識して、ビジネスに活かす流れを作っていきます!

ではでは、また♪

★応援クリックいただけると嬉しいです★