ホットワインでBOSを [BEC on-line school]

今日は、会社帰りにダッシュで郵便局へ!

というのも、印紙を購入して、簡易書留であるところへ発送するから。

そうです!

ついに、商標申請するときがやってまいりました!

今週は、知財活用センター相談部の方にFaxを送り、電話でアドバイスをいただきながら、書類をせっせと作成していました。

そしてついにOKサインをいただけだので、満を持してGO-!です。

商標申請のフローは、12月のバタバタが落ち着いたら、こちらのBLOGできちんとお伝えしたいと思っていますが

先ずは、早く出願して早く審査していただかねば!

なにせ、出願してから登録まで半年くらいかかりますからね。

ということで、印紙の購入できる大きな郵便局で手続きをしたのですが、係の方の対応が神対応で正直ビビりました。

印紙購入の窓口は1つだけだったのですが、私の前にいたお客さんが相当長い。

手続きが終わってその場を去るのかと思いきや、「あ」なんて言い出して、またゴニョゴニョ話し出す。

私は急いでなかったのでいいですが、急いでいる方だったら相当イラつくんだろうな~と思って待っていると、やっと私の番がやってきました。

私がカウンターの前に立つと、係の人が開口一番に

「お忙しい時期の中、大変お待たせいたしまして、誠に申し訳ございません」

と始まるのです。

その後の手続も終始丁寧で、待っていたことなんてどうでもいいと思えるくらい、いい気分に!

最後には、

係「他に何かお手伝いできることはありますでしょうか?」

私「か、簡易書留を・・・」

係「それでしたら、3か4番窓口が担当ですので、そちらでお手続きくだい。混んでいた場合私でも承れますが、なにぶん担当でないもので、担当窓口の方が速いかと思います」

すっごーーーーい!

郵便局ってお役所仕事で融通がきかないイメージだったけれど、素晴らしいサービスを提供されているんですね。

ここでも、KOTOBAの力を感じました。

言葉によって、相手を幸せにしたり悲しませたり、、、ちょっとした気遣いを言えるか言えないかだけで、ここまで変わるんですよね。

BEC on-line school(BOS)で「文字」や「魅せ方」を学んでいるので、ビジネスだけでなく、普段の生活にも落とし込んで活かしていこうと思う出来事でした!

さて、タイトルである「ホットワインでBOSを」ですが・・・

三浦孝偉さん主催のオンラインスクール、通称BOSのコンテンツの中には、

「飲みながらやりなよ!」という音声があります。

私は元々お酒(特にビール)を飲むのが大好きなのですが

いかんせん冬のビールは冷える。。

あったかいお店で飲むのはいいのですが、私の家は何故か底冷えが容赦ないので

最近はホットワインを相棒に、お仕事をしています。

今まで食わず嫌いならぬ、飲まず嫌いをしていた私ですが

ホットワイン最高!w

カラダは暖まるし、温めるのでアルコールが適度に飛んで酔っぱらい過ぎない。

なかなか優秀です。

で、この「飲みながらやろうよ」ですが、人って”続ける”ことが苦手ですよね。

かくいう私も、「今年こそは!英語をマスターするぞ!」と息巻いて問題集を買うところまではいいのですが、その後が続かない。。

最初の1ヶ月くらいは続くのですが、すぐに成果が現れないとだんだんモチベーションが下がってきて、ついには保てない。

そして、その問題集はお蔵入りしていく、、、

というのがパターンです。

しかし、料理でもスポーツでも楽器でも、続けないことには身に付かないし、成果も出ない。

スケートの安藤美姫さんも、子どもたちにスケートを教えたとき「一番になるには、誰よりも沢山練習し続けなければならない」とお話していたそうです。

「継続」なくして「成功」なしですね。

ことビジネスにおいては、継続することが本当に求められると感じます。

なんの分野でも言えることですが、新しく始めたときは「量」のステージ。

かけ算九九だって、最初は何回も何回も暗唱したと思います。

そうして、頭で考えなくても「シ シ ジュウロク」と身体が反応するくらい、それ位刷り込んで始めて、「質」のステージになる。

私の取り組んでいる中国輸入ビジネスも、肝心要の部分はリサーチ。

ここを疎かにすると、結局、最大瞬間風速で収益が上がったとしても、その後稼ぎ続けることが難しくなります。

なぜなら、「リサーチ」なくして物販なし!というくらい、相乗り出品するにも、新規出品するにも大切なことだから。

つまり、「継続」さえできれば「稼ぎ」に繋がっていくのは明白なので

それが出来るように、手を替え品を替えその仕組を整えていくのです。

時には公園で作業してみたり、カフェに行ってみたり、誰かと一緒に仕事してみたり、時間を区切ってみたり、もちろん飲みながらやってみたり・・・

「続ける」ために、その方法を工夫しながら模索する。

最近の私は、会社から帰って作業しているとどうしても眠くなるので、その時は我慢せず、軽く30分とか1時間睡眠を取ることにしています。

そうすると、いい感じに目が覚める。

うつらうつらしながらだと、ミスをしたり何度も何度も同じところを読んでいたりと生産性が上がらないので、たまにはスパっと割り切った方法もアリだと思っています。

ということで、たまには飲みながらやってみましょう!w

ではでは、また!

★応援クリックいただけると嬉しいです★