さぁ、未知の世界へ [BEC on-line school]

BEC on-line schoolに参加したのが7月。

ビールが美味しい!という最高のシーズンから、あっという間に3ヶ月。

季節はすっかり秋です。

・・・が、この素敵な季節の移り変わりを楽しむ余裕もなく、毎日PCに向かう日々。

きっとふと気付いたら、カボチャがサンタに変わってるんだろな~。

ということで、2017年下期の青春は捨てることとしますw

でも、この3ヶ月は本当に、新しく見ること、聞くこと、感じること、触れること、出逢いが多くて、そろそろショート寸前。

それぐらい、今までの生活や価値観に無かったことが、どんどん起きています。

そんな中、BEC on-line schoolで配信された動画は

「未知の世界へ 一流のプレゼンに触れてみよう」

三浦孝偉さんがサラリーマン時代に行い「伝説のプレゼン=成功事例」として挙げられるであろうその企画が、シェアされました。

未知の世界って。

・・・気になるw

タイトルからして、ワクワクですよね。

ということで、本日のアウトプットはこちら▼

ーーーーーー

プレゼンの重要なファクターは「ワクワク感」

今まで仕事の中で出会った企画は、そういった感情を起こすものではなかったので、軽いカルチャーショックを受けました。

(先日の3.5期情報発信チャットで行った企画ワークも然り、です。)

そしてこの感覚がある、ない、は後々大きな差になると感じます。

なぜなら、ワクワク感を相手に感じてもらうには、いつもと違う何かが必要。

居心地の良い、いつもの場所にいては、何も生まれない。

だから企画者は、既存の価値・考え・常識を打ち壊したり、今まで見聞きしたことがない事を体験したり、毎日違う道を歩いてみたり・・・

意識的に新しいことを取り込もうと、敢えて負荷がかかる所へ飛び込んだりする。

変わりたいと口では言っているけれど行動が伴わないのは、無意識で「変わりたくない」自分がいるから。

とはいえ、意識を無意識に落とし込んでいくには時間が必要。

だから、パッと見わからない位で進んでいる歩みを、すぐに結果が見えないからといって止めてはならない。

1日1つのSomething new、Dailyのアウトプットと物販リサーチ、この両輪を愚直に回していきます。

ーーーーーー

そいうえば、この前、トイレに感動しました。

とあるSA(サービスエリア)に立ち寄ったのですが、先ず、掃除が行き届いていて清潔感があり、設備も文句なしのキレイさ。

更に、洗面台に生花や凝った折り紙がディスプレイされていて、温かみがあって心地いい。

更に更に、造花でなく生花というだけでもポイントが高いのに、生花はススキや季節の花木が生けてあり、盆栽までありました。

折り紙もマイメロ風なものなど、匠の技か!?と思うほどの出来栄え。

どこにでも当たり前にあるトイレという空間も、魅せ方や手の加え方で、ここまで印象深くなるものなのかと学びが多かったです。

で、これも私の新しい発見であり知識。

毎日同じ時間に起きて、同じごはんを食べ、同じ道を通り、同じ時間に電車に乗り、同じ時間に仕事を始め、同じ・・・

何回「同じ」を繰り返すんだって感じですが、

何も考えずに過ごしていると、同じことを延々と繰り返すのが人間。

なぜなら、人間の本能が変化を好まないからです。

変化しないことが命を守ることに繋がるので、しょうがないと言えばしょうがない事なんです。

でも成長したいと思ったら、ここを越えていかないとその先がなくなってしまう。

つまり、本能を越えていくということ。

だから、普通にしててはダメな訳で、意識的に新しい刺激を与え続けないと、先細ってしまいます。

よく、「現状維持は衰退」っていいますよね。

女性の美もそうで、年々肌は老化と重力によって衰えていく訳で、

維持するためには今以上にクリームを塗りたくったり、高い美容液を投入して頑張らないと、

キープすることすらできないんです。

だから、現状維持ですら、新しいことを取り込んでいく必要があります。

それをしないと加速度的に退化していくワケで・・・マズイですよね。汗

「知らないことを知る」

これって、知的欲求を満たしてくれるので、楽しいことだと思います。

美味しいごはんを発掘するでもいいし、逆に超絶マズイものを食べるのもアリ。敢えて読まないジャンルの本を読むでもいいし、とりあえず動くことが大事。

動いていれば、車輪は止まることはないから、動き続けてくれます。

世界不思議発見!じゃないですが、毎日なにか1つでも新しいことを発見できたら、単純に、人生が豊かで楽しくなりそうだと思いません?

人としてもビジネスマンとしても、彩り豊かになっていきたいですね!

ではでは、また♪

★応援クリックいただけると嬉しいです★