商標とカフェオーナーと私

今日は、特許庁へ行ってきました!

はい、お気づきの方も多いと思いますが(というかタイトルで言っちゃってるしw)

商標登録の準備です。

そして、そもそも商標とはなんぞや?というと

商標制度は、商品やサービスに付される目印、すなわち商標を保護することを定めて、その商標に対し、それが付された商品やサービスの出所を表示する機能、品質を保証する機能及び広告機能を持たせることにより、商標を使用する者の業務上の信用の維持を図ることを通じて、産業の発達に寄与し、一方で需要者の利益を保護しようというもの

と特許庁のHPにあります。

・・・はい、よく分からないですよね。苦笑

例えば今、あなたはスニーカーを買おうとしています。

お店で商品を物色していると・・・お!ビビっとくるスニーカーが!

「NIKE」というマークが入っている

NIKEが製造していることが分かる

NIKEはいつもきちんとした品質の商品を販売している

安心して購入できる

といった感じで、あのマークが付いていると、NIKEのスニーカーと他の商品を見分けることができるんです。

でも、NIKEのスニーカーの横に、「NINE」というマークの入った靴があったらどうでしょう?

んんん?

急いでいたら、間違って手にとってしまうかも。。

そんな事になれば、大惨事ですよね。

つまり商標とは、「商品を見分けることができる=お客さまを守るもの」なんです。

ということで、商標は消費者にとって嬉しい制度だったりします。

多分そう思っていない人の方が多いと思いますが(というか、私がそうだった)

特許庁に行って、おじさまのお話を伺ったからこそ得られた知識。

やっぱり私は、人と会ってお話を伺うのが好きだな、と感じる日でした。

さて、BEC3.5期主催 井上直哉さんからのニュースシェアは

「カフェ経営」

記事にある通り、

・独立起業して経営者になる

・好きなことを仕事にしてワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)をめざす

という事をどちらも満たすことができ、小さなお店でも「一国一城の主」になれるというのは魅力的だと思います。

そして、何と言ってもオシャレ!

「お仕事は?」

「カフェオーナーです」

なんて、言ってみたいものですw

それでは、本日のアウトプットはこちら▼

ーーーーーー

いつの時代も不動の人気を誇る「カフェ経営」

私の親友もこの冬オープンに向けて準備を進めているので、興味深く記事を読みました。

その中で刺さったのは、サザコーヒー創業者の鈴木氏の言葉

「消費者が納得できるストーリー性があれば、高くても売れる」

確に自分も普段は節約生活ですが、納得感があればお金を出す事は厭わない。

夢の国というSTORYを提供するDisney Landなんて、まさにです。

(最近の入園料は高すぎだと思ってますが、、、)

そして、今学んでいるBEC on-line schoolもそう。

商品を購入する根拠はストーリーにあり。

であれば、今一度、自分が購入するときに魅入られたストーリーの掘り起こしをしていきます!

ーーーーーー

何か商品を購入するときって、実はSTORYで買っていることが多いんです。

以前、友人の家で見つけた1つのゾウの置物。

ぱっと見、どこかの国の民芸品かな、、、くらいにしか思わなかったのですが、

このゾウには壮大なSTORYがあったのです。

ある女性がいました。

仕事も恋愛も一生懸命に取り組む方で、そんな彼女は周りからも愛される存在でした。

そんな彼女のことを男性が放っておくはずもなく、彼女には長年お付き合いしている方がいて、今度結婚することになりました。

・・・しかし、幸せな日々は長くは続かず破断に。。

彼女は打ちひしがれ、頑張っていた仕事にも身が入らない。

そこで彼女は意を決して旅に出るのです。

今まで一度も行ったことのないアフリカへ。

単身乗り込んだ彼女は、広大な大地に出迎えられます。

そして、その大地に沈む赤々とした太陽を見ることになるのです。

そんな大自然に触れた彼女は、自分の悩みのちっぽけさに気付きます。

そして、また日本で頑張ろうと思ったときに買ったのが、そのゾウの置物だったそうです。

・・・ね?

こんなSTORYを聞くと、ただのゾウも、唯一無二のゾウになりませんか?

すべてのモノにはSTORYがある。

購入する側も、提供する側も、こんな感覚を持ってモノ・コト・ヒトに触れると、人生が豊かになれそうですよね。

とはいえ、このSTORY戦略を用いて、輸入ビジネスも好調になるといいな・・・という邪念がよぎる私は、まだまだ人間としての修行が足りなそうです。笑

ということで、今週も頑張っていきましょう!

ではでは、また!

★応援クリックいただけると嬉しいです★