[BEC on-line school] & [BEC3.5期]は、実践共同体

なぜかここ最近、椿屋珈琲店にいる確立が高いわたし。

オシャレなスタバもいいけれど、昔から、落ち着いた家具やアンテークな色調の珈琲屋さんがけっこう好き♪

ということで、本日もやっぱり椿屋珈琲店。

この前はお茶の時間だったから、マダムたちの楽しそうな笑い声で賑わっていたけれど

今日は仕事帰りなので、ビジネスマンがいるだけ。

ふぅぅぅ、落ち着く。

大正浪漫な雰囲気で高尚なブログが書けるかと思ったけど、そうでもなさそう。

まぁ、場所を変えたからって人間が変わる訳ではないので、

今いただいている深入り珈琲のように、味わい深い中身のある人間になりたいものです。

というか、なりますw

BEC on-line schoolでビジネスの原理・原則を学び、人間としての成長を目指しているので、ならなかったら、三浦孝偉さんに顔向けできない。。

物販から逃げるな、と仰ってくれたBEC3.5期主催の井上直哉さんの熱い指導に応えるためにも、今は鬼リサーチ期間です。

ええ、やりますよ。

ひょうひょうとした私の物販の師匠でさえ、1日20時間リサーチしてたって言うので、それ位しないと、「楽」で「楽しい」には辿り着かないみたいです。

と、前置きが長くなってしまいましたが、

今時の若者も捨てたもんじゃない!大企業病なんてこの人たちには関係ない!

と思わせるニュースに出逢いました。

では、本日のアウトプッはこちら▼

ーーーーーー

若者だけでなく経営層にも登壇いただくことで、若者の独りよがりでなく、The日本という大きな企業団体としての活動になりつつある。

同じようなステージの者同士で集まるのは簡単で居心地が良いが、そこを壊して巻き込む姿に、日本も捨てたもんじゃないと勇気を得ました。

自分はというと、バリバリの経営者方と会う事が居心地の悪い場なので、時々コンフォートを壊しにいかなきゃと襟を正す想いです。

One JAPANは“実践共同体”とありますが、3.5期やBOSもまた“実践共同体”。

バックボーンが異なり、得意分野も様々なので、最近は出会った方々から、新しい世界を沢山魅せていただいています!

なので、行動するプラットフォームは、人から与えられるのではなく、自ら生み出していく意識で積極的に動いていく。

BOSコンテンツもメール頼りではなく、別途 必要なタイミングでサイトから取り込む→活かす、の循環を上げていきます。

ーーーーーー

One JAPAN 濱松代表のスピーチの一部に

「行動・挑戦したからこそ、賛否両論は生まれます。僕たちが大事にしているのは、まず打席に立つこと、その回数を増やすこと、失敗を恐れず一歩踏み出すこと、つながること、そして組織へ持ち帰ることです。One JAPANは“実践共同体”です。」

とあるんですが、読んでいてウンウンと首の縦振りが半端ない。

自分の実体験や考えている事とすごくリンクしているから、とっても共感を覚えたんです。

人に自分の体験や感じた事を伝えるのって、実はすごく難しい。

だって、自分は当たり前と思っている価値観や経験は、今まで自分が生きてきたバックボーンで形成されているので、他の人は違って当たり前。

だからこそ、みんなが共通認識として持っている一般論や数字といったデータと組み合わせて、やっと伝わるって土俵に上がるんです。

で、今回このスピーチの一語、一文、一段落に、感じるところがあるのですが

「行動・挑戦したからこそ、賛否両論は生まれます」って、けっこうアルアルです。

ネットビジネスに取り組んでいると言うと、

「ん?ねずみ講始めたの??」って聞かれます。そして、売り込まれないように、相手がやや引き気味になります。

・・・”ネット”ビジネスと、”ネットワーク”ビジネス、違うからーーー!

って、何回もツッコミ入れそうになるw

あと、転売って、悪いことしてるみたいなイメージがつきまとっているので

母親に相当怪しがられ、まっとうに生きてくれと言われたり、そんなに頑張らなくていいから早く結婚して孫の顔を見せて欲しいと言われたり。

ついには友人に、「うん、輸入ビジネスしてるの~」ってカッコつけてみたり。

でも、これって超絶かっこ悪い。

だって、自分がしていることに自信がないから、胸を張って言えないんだもん。

誇りをもっていれば、誰に何と言われようが、気にしないし、変に偽ったりしない。

やってきた事に誇りと自信をもたらしてくれるのは、今まで自分がやってきた努力の積み重ねだけ。

ドラゴン桜でも、毎日ノートに書いていくことで、後々それを見ると、ノートの冊数分だけ自信になる、的な事が書いてあったと思いますが(記憶違いだったらゴメンナサイ)

コツコツ積み重ねること+それに伴う成果

この2つが合わさると、最強です。

で、私の師匠の井上直哉さんが、今日のメルマガでナイスタイミングな発信をされていたので、勝手に引用しちゃいます。

思考の量と作業の量

成功の近道は、ここに拘ることですね!

いただきました~!

四六時中考えながら、数の経験を積んでいく。

周りに道なんかないので、先輩方が通った道を私も愚直に進みたいと思います。

ではでは、また♪

★応援クリックいただけると嬉しいです★