Designも、因数分解。 [BEC on-line school]

本日は、淡路島からの四国、そして金比羅山に来ております!

というのも、祖父の七回忌がありまして、法事のあとは四国へ親族旅行という流れ。

いつもだったら、大好きな神社仏閣巡りを兼ねつつ観光して、温泉入って、宴会でお酒をたしなみ・・・とかなりエンジョイなんですが、今日は何となく楽しみきれない。

なぜなら、

コンテンツのイン&アウトプットが終わってない。

ブログの投稿が終わってない。

中国輸入のリサーチが終わってない。

という、無い・ナイ・ない状態。。

あぁ、時間配分どうしよう・・・

なので、今、みんなが温泉に入っている間に集中力MAXで書き上げております!

お尻が決められていると、案外いい感じで筆が進みますね。

さて、本日配信されたBEC on- line schoolは

”クリエイティブや企画をやっている人は、全員聞いて欲しい”

と三浦孝偉さんが仰る動画コンテンツ「デザイン因数分解の話」

ということで、アウトプットはこちら▼

ーーーーーー

同じものではいけないという、一種の強迫観念のようなものに襲われがちなので、既存のものから一生懸命変えようとするのが一般的。

このコンテンツを知らなければ、きっと私も「劇的な変化」を求めていたと思います。

しかし、ここでも「発明」は要らなくて「発見」で十分。小さな変化でいい。

その小さな変化は、世界観(トーン&マナー・デザイン)+コピー+書体 に因数分解して生まれる。

自分だったら、女性発信者のブログを見て、いいなと思う所は自分流にアレンジ。

好きじゃないと思う所は、なぜ好きじゃないと思うのか、気持ちの因数分解をしていく。

(そういえばブログの体裁も、ネット業界に全然関係ない女性SEのサイトを参考にしたんだった!)

今回 私の競合は、先日三浦さんのメルマガで紹介されたBOSの仲間や、野崎さんなど骨太な発信者。

凄いなと圧倒される面もありますが、優劣を比較していても仕方ないので、足りない部分を盗ませていただきます。

まだまだ女性発信者が少ないからこそ、きちんとしたモノを届けたい。

そのために、自分のコア・コンセプトの「楽」で「楽しい」の幹をドスンと据え、日々の活動を、その肉付の枝葉としてメッセージにして発信していきます。

ーーーーーー

ここでも、ズラしの発想が取り入れられています。

ついつい、「劇的な変化」を求めがちだけど、実際には「小さな変化」で十分。

全部をガラッと変えてしまうから、本当に伝えたい事が薄まってしまったり届かなくなってしまったりする。

う~ん、深いですね。

でも、この因数分解の考え方って色んな場所で応用できて、

すっっごく腹が立ったときに、

・本当は誰に対して腹を立てているのか。

・相手に対してなのか、自分に対してなのか。

・相手にだったとして、相手のことを好きだから?それとも嫌いだから?

・ではなぜ腹を立てているのか。

etc・・・

なーんて、一つ一つの糸をほどいていくことで、自分の感情をコントロールすることにも使えたりします。

わたしは時々この感情因数分解をしているのですが

これをすると、湧き上がってしまう感情は一種の生理現象なので仕方がないのですが、その対処法がみえてきます。

そうして、少し自分の視点をズラしてあげると、感情に飲み込まれることが少なくなったり、浅く済んだりします。

いっときの感情に流されてしまうと、大抵いいことないですもんね。苦笑

自分を客観的かつ俯瞰的捉えるのは、ビジネスをしていく上で必要なスキル。

でないと、目先のことに囚われて視野が狭くなってしまいます。

なので、色んなシーンで、”因数分解”を活用してみるのはいかがですか?!

ではでは、また♪

★応援クリックいただけると嬉しいです★