ホリエモン伝説の近畿大スピーチ [BEC on-line school]

有名な近畿大学卒業式でのホリエモンのスピーチ。

私が観たYouTube動画は、再生回数が軽く200万回を超えていました。

ホリエモンの影響力、さすがとしか言いようがないですね!!

コミュニティや塾の集まり、もしくは会社なんかでも、一度はお聞きになったことがある人も多いのではないでしょうか?

そんな伝説のスピーチのシェアが、

BEC on-line school主催の三浦孝偉さんからありました。

それでは、本日のアウトプットはこちら▼

ーーーーーー

締めのメッセージ

「未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ」

を自分に当てはめてみると・・・

<未来>

情報発信(ブログ、Facebook、メルマガ)、セールス、物販の実績

を恐れず、

<過去>

有言不実行、諦めマインド、ノウハウコレクター

に執着せず、

<今>

中国輸入、情報発信(ブログ、Facebook)

を生きろ。

ホリエモンはスピーチの後半、何度も何度も“今”を生きることを説いていました。

過去は変えられない、でも、未来は変えられる。

6月、ポチっと携帯でボタンを押した瞬間から、私のその後の4ヶ月は劇的に変わりました。

先の事は考えないように、、と思ってもどうしても脳裏をよぎってしまいますが、

それでも見ないことにして、“今”目の前にあることに集中します!

ーーーーーー

最近、BOSでは情報発信に関するコンテンツ配信が多い中、

伝説となりつつある、近畿大学卒業式でのホリエモンのスピーチのシェア。

三浦さんから配信されるコンテンツからの日々の後押し。

そして、ホリエモンという分かりやすく、かつ権威性のある方の発信の共有。

こうして切り口や魅せ方を変え、これからは「情報発信」の時代であることを伝えていただいていると強く感じました。

そして、発信は特別なことではなく、自分の頭で考えるクセ付けのための方法。

そのプロセスの1つとして取り組むことによって、これからの時代を生き抜く力になる。

もうこれからは、レールの上を走る時代ではない。

と聞いて、逆にその上を走らなくてもいいんだと思ったら、自分の想うことをそのまま発信してもいいんだと、ちょっと安心しました。

周りに嫌われないか、非難されないか、人とズレていないか・・・

情報発信をするとき、今まで生きていく中で身につけてきた”同調思考”が反射的に働いてしまい、

そうすると、当たり障りなくみんなに好かれようとする浅はかな考えが湧いてくるんです。

でも、そうして出来上がったモノは、社会一般で受け入れてもらえるであろう、可もなく不可もないシロモノでしかない。

そこにオリジナリティや自分らしさは無いので、ハッキリ言って「カオナシ」状態。。

みんな同じに見えてしまいますよね。

そして、誰が発信してたって一緒になってしまう、、、

ハロウィンでカオナシの集団に会いましたが、あれだけスッポリ覆われていては個性なんて微塵も感じられない。苦笑

今でも毎日のように、発信している情報や内容に対して

「これで大丈夫なのか」

「しょうもない内容になってないか」

「つまらなくないか」

「同じような事ばっかり言ってないか」

と不安が押し寄せてきます。

そして、隣の芝生は青く見えるじゃないですが

3.5期の仲間の投稿を見ていると、みんな素晴らし過ぎて、引け目を感じたりも。

自分ってほんと中身ないなぁ、、とかね。苦笑

そんなこんなでやっているので、三浦孝偉さんのBOSコンテンツ、ホリエモンやキングコングの西野亮廣さんが発信している

誰にも迎合しない発信

自分は自分

共感・共鳴する人と繋がる

にモーレツに勇気をいただきました!

人はひとりでは生きられない。

私は、色んな方の発信から勇気を沢山いただいて、”今”ここに立つことができています。

だから私も、自分の発信が誰かの何かのお役に立てることを願いつつ

明日もまた、投稿していきたいと思います!

連休も明けますね。

今週も熱く、頑張っていきましょー!

ではでは、また!

★応援クリックいただけると嬉しいです★