中国輸入あるある 「しょ、商品違う・・・」

台風真っ只中の三連休は、中国から届いた商品たちの検品とラベル貼り、袋詰に追われていました。

ぱっと見、内職っぽいw

そして、配送されてきたダンボールがけっこう大きかったので、配達のおじさん泣かせ。汗

というのも、私の家はエレベーターがないので、荷物を抱えながら階段を登らないといけないんです。

いやぁ、配達のおじさんがヒーヒーいってて申し訳なかった。。途中でホントに申し訳なさすぎて、通路の途中に置いてもらいました。苦笑

早くエレベーターある所に引っ越すか、外注さんにお願いしたい・・・

そんなこんなで届いた商品たちですが、検品すると、あるある。

中国輸入の定番「商品相違」

今回は、USBポート付きのとある商品を注文していたのですが

届いたのは、どう見ても付いていない代物、、、

もう、激おこプンプンだぞーーー!w

って、言ってても仕方がないので、粛々と購入代行業者にメールをポチり。

現状、商品の交換ができないか、中国の拠点と絶賛確認中です。

早く商品こないかな~、この数日機会損失だな~、なんて思ってますが、なってしまったものはしょうがない。

中国輸入ではよくある事なので、いちいち落ち込まないしイライラしないのがミソなんです。

物販の師匠も

中国輸入でよくありがちなトラブルが早い段階で起きているので、素晴らしいですw
失敗は早いうちの方がいいですからね!

・・・素晴らしいって言っちゃてるしw

三浦孝偉さんや井上直哉さんもよく仰っる「暗いやつは稼げない」って

たしかに、その通りだなーと最近感じます。

なにか起きた時にドシンと構えてられるか。

いちいち過剰反応して、勝手にマイナスの殻を被っていては、良くなるものも良くなりません。

だから、環境の力を借りて無理やりプラス変換も必要だったりします。

師匠や仲間って本当にありがたいですね。

恩に報いるためににも、リサーチ頑張らねば!とりあえず、課題が溢れかえっているので、カラダに鞭打って、もうちょっと頑張ってみようと思います。

だって、師匠に「始めたころ、どれくらいの時間リサーチしてましたか?」って聞いたら

師匠「20時間」

私「・・・・・・・」

私「えっ!?」

師匠「食事を作る時間が勿体ないから、コンビニで買い込んでリサーチしてたよ」

って、鬼の所業ですよね。

師匠「これから2週間は鬼リサーチですから!頑張って!」

という訳で、半端ない基準値を突きつけられたので、必死にくらいついていきますよー!

ではでは、また♪

★応援クリックいただけると嬉しいです★